WordPressに広告を出すためのプラグインとしてAd Inserterがおすすめです。

よくできているテーマでは、広告を出すための枠が事前に色々と用意されていると思いますが、それよりもさらに柔軟に広告の設置位置を調整・管理ができます。

デバイスごと、カテゴリーごとの出しわけも出来るので、記事の内容によって広告を調整したい、という場合にも簡単に設定できます。

使っているテーマのウィジェットが足りていなくて困っている場合にも便利な、一押しのプラグインです。

Ad Inserterの特徴

Ad Inserterを簡単に説明すると、

  • 広告をはじめとした、入れたいコード・テキストを、自由に設置できる(テーマが用意しているウィジェットよりも柔軟に設定が可能)
  • 見やすいエディタで、コード(HTML、PHP)が編集できる
  • 無料版でも16個のブロックの設置できる
  • 広告の表示位置を設定するためのサポート機能つき

というプラグインになります。

Ad Inserterで出来ることの例

Ad Inserterでは、例えばこのような広告(もしくはコード)の設置ができます。

  • 投稿の前・後、コメントの前・後など指定した位置に広告を出したい
  • 本文中の任意の位置に広告を入れたい(例:2つめのh2の上、真ん中あたり、など)
  • 特定の投稿・カテゴリーの記事にだけ広告を出したい(or 出したくない)
  • PCとスマホで広告を出しわけたい
  • AMPに対応したい
  • 手動で広告を出したいが、広告の中身は変更しやすくしたい(ウィジェット、php、ショートコード)
  • PHPを使いたい、PHPコードを任意の位置に入れたい(広告以外でも使える)
  • 広告枠のCSSを個別にカスタムで定義したい
  • 広告をランダムに出したい or A/Bテストをしたい

Ad Inserterの使い方

Ad Inserterのインストール

WordPressのプラグイン→新規追加、から「Ad Inserter」を検索すれば出てきます。いつものように、今すぐインストール→有効化、します。

使い方の基本

無料版の場合、1~16までのスロットがあるので、それぞれごとに、

  • 挿入したいコード(HTMLだけではなく、phpを入れる事も可能)
  • 挿入するための条件

を設定するだけです。

主に使うものとしては、

  • Lists:挿入するコードを対象/対象外とするカテゴリー、タグなどを指定
  • Manual:手動で入れるためのオプション(ウィジェット、ショートコード、php)
  • Devices:コードを挿入する対象とするデバイス(PC、タブレット、スマホ)を指定
  • Automatic Insertion:自動で挿入するためのパターンを指定
  • Alignment and Style:挿入したコードのレイアウト

使い方のサンプル

投稿の前/後に出したい

投稿の前後に出したい場合は、Automatic Insertionから選ぶだけです。

利用しているテーマによって異なりますが、

  • Before Post:見出しの前
  • Before Content:本文の前
  • After Content:本文の後
  • After Post:コメントなどの後

に挿入されます。

それぞれの条件でどこに表示されるかは、投稿ページの上部に出ている「Ad Inserter」をクリックすると簡単に確認できます。(Ad Inserterをもう一度クリックすればこのモードが解除されます)

 

どこかの見出しの前に出したい

最初のh2タグの前に出したい、一番最後のh2タグの前に出したい、などの指定方法です。

  • Automatic Insertion:Before Paragraphを選択(特定のタグの直後に出したければAfter Paragraph)
  • Counting:これをクリックして、タグの数を数えるメニューを出す
  • Paragraph number(s):いくつめに出すかを指定
  • Count:From Top(上から数える)、From Bottom(下から数える)
  • paragraphs with tags:数える対象のタグ。例えば、h2とかh3などの見出しを指定

最後の見出しh2の直前に出したい場合は、上のイメージでCount:From Bottomにするだけです。

 

本文の途中に自動で出したい

本文の半分くらいの位置に出す、などの指定もできます。

  • Automatic Insertion:Before Paragraph または After Paragraph
  • Paragraph number(s):0~1の小数を指定。0.5で半分の位置。0を指定するとランダム

まとめ

今回は、Ad Inserterの紹介とともに、簡単な使い方だけをピックアップしました。

Ad Inserterは、指定できるパラメータが多く、かなり柔軟な広告コードの挿入ができます。(広告以外にも色々と使えます)

テーマが用意しているウィジェットで足りていない方は是非試してみてください。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

WordPressのAMPページでTable of Contents Plusをキレイに表示する方法... AMPに対応した時に、Table of Contents Plusで作成される目次をきれいにするための方法です。 目次を作成するためのプラグインとして、Tab...
AMPプラグインで致命的なエラー。WordPressのプラグインのアップデート前には必ずバックアップを... WordPressのAMPプラグインのバージョン0.5にアップデートしたところ致命的なエラーが出てしまい、サイト全体どころか、管理画面までエラーになる、というト...
WordPressを独自ドメインで立ち上げるためのメモ... 新規のサーバー契約、独自ドメイン取得、WordPressの設置まで、これまでに実施した主な対応の簡単なメモです。新規にサイトを立ち上げる方にとっては、このメモが...
WordPressのAMPページにパンくずを表示する方法 WordPressのAMPページにパンくずを表示する方法を紹介します。 AMPに対応するプラグインとしてAMP for WPを使っていて、パンくずを出すプラグ...
WordPressをプラグインで簡単にAMP対応。サイトを超高速化させる方法... モバイルページを「超」高速化できるAMP(Accelerated Mobile Pages)に、WordPressのプラグインを使って、簡単に対応するための方法...
WordPressのバックアップはUpdraftPlusがオススメ!そのバックアップは簡単に復元できますか?... WordPressのバックアップのためのプラグインはBackWPupよりもUpdraftPlusをオススメします。オススメする一番の理由は、復元が非常に簡単な事...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク