相対性理論で有名なアインシュタインが残した言葉に「人類最大の発明は複利である」というものがあります。長期の資産運用においては、この「複利」が非常に大きな力を持っており、それを最大限に生かす事がとても重要です。

人類最大の発明は複利である

相対性理論で有名なアインシュタインが残した言葉です。「複利」とは、利息にも利息が付く、という考え方です。元本に利息が付くだけではなく、次の期には元本に加えて前の期の利息にも利息が付く、となります。反対に、元本にだけ利息が付くのを「単利」と言います。

単利と複利

元本100万円を年利5%で運用した場合。

単利の場合

毎年5万円が利益になります。10年間で50万円、20年間で100万円です。

複利の場合

利息にも利息がつきます。1年目は5万円ですが、2年目は元本100万円+利息の5万円に5%の利息がつき、5.25万円の利息がつきます。たった2,500円、と思うかもしれませんが、これを繰り返すとすごい事になります。10年で約63万円、20年で約165万円になります。

投資期間ごとの単利・複利の差

単利と複利によるリターンを投資期間ごとに比較すると、このようになります。期間が長ければ長いほど差が大きくなっている事がよく分かると思います。たった、と思われる5%でも、40年継続できれば100万円の元本が約600万円の利益を生む事になります。

単利と複利の比較

複利の力を生かすには

複利は、期間が長くなればなるほど、その効果が大きくなります。教育資金、老後資金といった、かなり先の時期を見据えた投資に適している、と言えます。複利の力を生かすには、得られた利益を次の投資に繰り返し回し続け、それを長期間継続する、という事が重要になります。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

ドルコスト平均法による積立投資 同じ銘柄について、毎月一定の金額を積立するのか、毎月一定の数量を積立するのか、で投資結果は変わってきます。毎月一定の金額を積立投資する方法をドルコスト平均法とい...
資産配分を調整してリスクとリターンを最適化... 違う動きをする投資対象を組み合わせる事で、資産配分の調整次第では、同じリターンでもより低いリスクの運用ができる可能性があります。 投資対象ごとのリスク・リター...
積立投資は株式だけで良いのか? 株式相場が好調な事もあって、全体的に強気派が多くなっているような気がします。積立投資は長期のリターンを考えれば株式(主に米国)だけで良い、という意見をたまにみま...
積立投資の買付日は何日にするのがよいのか?(国内株式編)... 積立投資をはじめるにあたって、毎月何日に買付するように設定するか、は少しだけ迷いどころです。正直なところ、自分の給料日などをふまえて適当にすればよいだろう、と思...
リバランスは必要?効果をeMAXISの過去データで検証... 複数の資産クラスのインデックスで運用していて悩ましい事の一つに、リバランスをするかどうか、があるかと思います。きちんとした理論も存在しているようですが、まずは実...
インデックス投資のススメ 投資のプロでもなく、かけられる時間も限られているサラリーマンには、インデックス投資が最もやりやすく理にかなっている、と思っています。 手数料の安いイン...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク