相対性理論で有名なアインシュタインが残した言葉に「人類最大の発明は複利である」というものがあります。長期の資産運用においては、この「複利」が非常に大きな力を持っており、それを最大限に生かす事がとても重要です。

人類最大の発明は複利である

相対性理論で有名なアインシュタインが残した言葉です。「複利」とは、利息にも利息が付く、という考え方です。元本に利息が付くだけではなく、次の期には元本に加えて前の期の利息にも利息が付く、となります。反対に、元本にだけ利息が付くのを「単利」と言います。

単利と複利

元本100万円を年利5%で運用した場合。

単利の場合

毎年5万円が利益になります。10年間で50万円、20年間で100万円です。

複利の場合

利息にも利息がつきます。1年目は5万円ですが、2年目は元本100万円+利息の5万円に5%の利息がつき、5.25万円の利息がつきます。たった2,500円、と思うかもしれませんが、これを繰り返すとすごい事になります。10年で約63万円、20年で約165万円になります。

投資期間ごとの単利・複利の差

単利と複利によるリターンを投資期間ごとに比較すると、このようになります。期間が長ければ長いほど差が大きくなっている事がよく分かると思います。たった、と思われる5%でも、40年継続できれば100万円の元本が約600万円の利益を生む事になります。

単利と複利の比較

複利の力を生かすには

複利は、期間が長くなればなるほど、その効果が大きくなります。教育資金、老後資金といった、かなり先の時期を見据えた投資に適している、と言えます。複利の力を生かすには、得られた利益を次の投資に繰り返し回し続け、それを長期間継続する、という事が重要になります。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

投資信託とETFの違い。配当金の課税を繰り延べる効果... 同じインデックスに連動する場合、ETFと投資信託ではどちらがお得なのか、を簡単に計算してみました。 多くのインデックス型の投資信託のメリットの一つとして、...
投資による利益の種類 投資による利益は、大きく分けて、キャピタルゲインとインカムゲイン。まずはそれぞれの基本を知ることが重要です。投資先によって、得られる利益のタイプは異なってきます...
つみたてNISAにすると毎月の積立予定額があふれちゃうんですが... 2018年1月から、「つみたてNISA」が始まります。現行NISAよりも、非課税期間が長くなった分、年間の投資上限額は下がっています。両方同時には活用できない事...
リレー投資は本当に必要か?(国内株式インデックス・課税口座編)... 投資信託で毎月コツコツ積み立てて、ある程度まとまった金額が貯まった段階で、信託報酬の低いETFに切り替えて継続運用する手法をリレー投資と言います。 定期的な定...
積立投資の買付日は何日にするのがよいのか?(国内株式編)... 積立投資をはじめるにあたって、毎月何日に買付するように設定するか、は少しだけ迷いどころです。正直なところ、自分の給料日などをふまえて適当にすればよいだろう、と思...
積立投資と利回りの関係 積立投資を行うにあたって、目標とする利回り、は重要な要素の一つです。毎月一定額を積み立てて運用する場合、毎年の運用利回りがそれぞれ1%~5%になると、どのような...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク