相対性理論で有名なアインシュタインが残した言葉に「人類最大の発明は複利である」というものがあります。長期の資産運用においては、この「複利」が非常に大きな力を持っており、それを最大限に生かす事がとても重要です。

人類最大の発明は複利である

相対性理論で有名なアインシュタインが残した言葉です。「複利」とは、利息にも利息が付く、という考え方です。元本に利息が付くだけではなく、次の期には元本に加えて前の期の利息にも利息が付く、となります。反対に、元本にだけ利息が付くのを「単利」と言います。

単利と複利

元本100万円を年利5%で運用した場合。

単利の場合

毎年5万円が利益になります。10年間で50万円、20年間で100万円です。

複利の場合

利息にも利息がつきます。1年目は5万円ですが、2年目は元本100万円+利息の5万円に5%の利息がつき、5.25万円の利息がつきます。たった2,500円、と思うかもしれませんが、これを繰り返すとすごい事になります。10年で約63万円、20年で約165万円になります。

投資期間ごとの単利・複利の差

単利と複利によるリターンを投資期間ごとに比較すると、このようになります。期間が長ければ長いほど差が大きくなっている事がよく分かると思います。たった、と思われる5%でも、40年継続できれば100万円の元本が約600万円の利益を生む事になります。

単利と複利の比較

複利の力を生かすには

複利は、期間が長くなればなるほど、その効果が大きくなります。教育資金、老後資金といった、かなり先の時期を見据えた投資に適している、と言えます。複利の力を生かすには、得られた利益を次の投資に繰り返し回し続け、それを長期間継続する、という事が重要になります。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

リスクとリターンはバランスが重要。リスクがリターンを蝕む... 期待リターンがいくら高くても、それに対するリスクが高すぎると、長期の運用ではマイナスになる可能性も高くなります。 株価が対数正規分布に従う、と仮定するモデ...
積立投資は気長に。はじめのうちは結果が出なくても気にしない!... 積立投資をはじめたばかりのタイミングは、なかなか利益率が上がらなくて不安になると思います。実は、それは当たり前なんです。 どんなに利回りの良い投資ができた...
リスクとリターンの関係 リスクが高いほどリターンも高い 期待されるリターンが高い投資ほど、リスクも高いのが基本です。リスクが高いほど、大きな利益が得られる可能性と同時に、大きな損失を...
信託報酬が低い投信が設定されたらどう乗り換えるべき?投信乗り換えシミュレーションツール(β版)を公開... 毎月積立している投信よりも信託報酬が低い投信(同じインデックスに連動)が設定されたらどうしますか?利益が出ている場合は、何も考えずに売却してしまうと、売却益課税...
積立投資の基本 一定期間ごとに、コツコツと投資を積み重ねる事を積立投資といいます。まさに「継続は力なり」という諺どおりに、非常に大きな力を持っています。投資をせずとも、毎月コツ...
つみたてNISAにすると毎月の積立予定額があふれちゃうんですが... 2018年1月から、「つみたてNISA」が始まります。現行NISAよりも、非課税期間が長くなった分、年間の投資上限額は下がっています。両方同時には活用できない事...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク