同じ銘柄について、毎月一定の金額を積立するのか、毎月一定の数量を積立するのか、で投資結果は変わってきます。毎月一定の金額を積立投資する方法をドルコスト平均法といい、平均単価を下げやすい投資方法として有名です。

ドルコスト平均法の検証

例えば、単価が以下のように変動している株があるとしてみます。

価格推移のサンプル

これを毎回一定の数量(1単元1000株ずつ)を積み立てる場合と、毎回定額100,000円ずつを積み立てる場合で比較してみます。今回のサンプルの場合は、どちらの場合でも、通算すると同じ金額を購入する事になります。

一定数量を積み立てる場合

毎回同じ数量を買う、としているので、無条件に同じ数量を買い続けています(グラフのグレーのバーが毎回の購入数量)。その結果として、累計の平均単価は、最終的に100になっています(ブルーの折れ線)。

一定数量の積立

定額を積み立てる場合(ドルコスト平均法)

毎回同じ金額を買う、としているので、価格が下がった時には多く、価格が上がった時には少なく購入している事になります。その結果として、累計の平均単価は、最終的には98.8になっています。一定数量を積み立てる場合よりも、平均単価を下げられた事になり、その分より大きな利益を出すことに成功しています。

ドルコスト平均法

これがドルコスト平均法のメリットです。自動的に、下がった時に多く、上がった時に少なく、という買い方になるため、結果として平均単価を抑える事ができます。

ドルコスト平均法のデメリット

まず、必ずこのように平均コストが下げられる、とは限りません。例えば、右肩上がりに上がり続ける場合は、ドルコスト平均法の方が成績が悪くなります。

また、このような買い方ができる投資先がある程度限られてくる、という点にも注意が必要です。個別株の場合、金額を一定にするにはどうしても単元未満の買い付けが必要になってしまいますが、手数料負担等を考えるとあまり良い方法にならない場合がほとんどです。

ドルコスト平均法が使いやすい投資先

投資信託や純金積立など、定額での積立買付が用意されているもので行うのが一番手軽で確実です。裏を返すと、ドルコスト平均法が使える投資先という点で、投資信託などにアドバンテージがある、とも言えます。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

複利の力 相対性理論で有名なアインシュタインが残した言葉に「人類最大の発明は複利である」というものがあります。長期の資産運用においては、この「複利」が非常に大きな力を持っ...
損失限定型の投資信託「あんしんスイッチ」の評価は?安心して買うべき商品なのか?... 損失を限定しながら安定した収益獲得を目指すという謳い文句の投資信託「SMBC・アムンディ プロテクト&スイッチファンド(愛称:あんしんスイッチ)」が人気になって...
リスクとリターンはバランスが重要。リスクがリターンを蝕む... 期待リターンがいくら高くても、それに対するリスクが高すぎると、長期の運用ではマイナスになる可能性も高くなります。 株価が対数正規分布に従う、と仮定するモデ...
積立投資の買付日は何日にするのがよいのか?(先進国株式編)... 前回は、国内株式を積立投資する場合に、毎月何日に買付するように設定するのが最もリターンが良くなるのか?をシミュレーションしました。今回は、先進国株式だとどうなる...
学資保険を投資目線で評価する 子供が生まれるタイミングで検討する学資保険。学資保険は安全な教育資金の積立方法、というのが一般的に投資をしてない人の考え方だと思いますが、実は必ずしも安全とは言...
投資信託とETFの違い。配当金の課税を繰り延べる効果... 同じインデックスに連動する場合、ETFと投資信託ではどちらがお得なのか、を簡単に計算してみました。 多くのインデックス型の投資信託のメリットの一つとして、...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク