一定の範囲内なら2,000円の負担だけで、お得な返礼品がゲットできるふるさと納税について、ふるさと納税を活用して賢く登山用品を買う方法とともに、簡単に紹介します。

登山を始めようとすると、思った以上に登山用品を買いそろえる必要があるので、うまく使えるとやはりお得です。

ふるさと納税とは

ふるさと納税の細かい説明はいろんなサイトがあるので、簡単に説明すると、

  • 一定の範囲内の寄付であれば、年間2,000円の自己負担だけで、返礼品がお得にゲットできる

という制度です。もう少しだけ補足すると、

  • 住民税を自分が選んだ他の自治体に寄付できる(住民税の前払いに近いイメージ。今年度ふるさと納税した分、翌年度の住民税が減る)
  • ふるさと納税によって、2,000円だけの自己負担が発生するが、各自治体が用意している返礼品が納税額に応じてもらえる
  • 自己負担が2,000円を超えない金額は、それぞれの人によって異なる(例えば、年収600万円で配偶者・子供がいる場合は年間約6万円)
    参考ふるさとチョイス | 控除金額シミュレーション

という制度です。

高所得者ほど得をする制度になっており、普通の税金の考え方とは真逆になっています。2,000円出せば各自治体から色んなものがタダでもらえるだけの仕組みとして受け止められており、制度としては結構ゆがんだものだと思っています。

高額な返礼品が問題視されて、国から是正の指示が出ていますが、問題はそこではないでしょう。

しかし、使える制度は使えるうちに使っておかないと損、という事で、今回はふるさと納税で登山用品をゲットする方法です。

登山を始める時に買うべきもの

登山を始めようと思ったら、まず買うべきものがいくつかあります。

例えば、

  • 登山靴
  • 登山ウェア
  • 雨具(上下セパレートタイプのレインウェア)
  • ヘッドライト

といったあたりは買っておきたいところです。

登山靴は、専門店に行って店員さんに相談し、自分の足にフィットするものを選びましょう。合わない靴で長時間歩く事ほど辛いものはありません。

登山ウェアは、速乾性のものであればなんでもいい(綿はダメ)ので、最初のうちは登山用品にこだわらなくても良いです。季節、

雨具は、ちゃんと上下分かれていて、防水透湿性がしっかりしているものを選びたい。晴れ予報の時に登山に出かける方が多いと思いますが、山の天気は変わりやすいのです。濡れてしまう事は、下手をすると本当に死につながるので、どんなに晴天予報であっても雨具は持っていくべきです。

ヘッドライトは、必須かどうかというと意見が分かれるかもしれませんが、万が一のために、どんな行程でも私は持って行っています。怪我などで予定通りのペースで行動できなかった場合に、気がついたら周囲が暗くなってしまうからです。

他にも、地図、コンパス、応急処置セットなど持っていくべきものは色々あります。本や専門サイトで詳しく調べましょう。

どういう山に、どういう時期にいくかにもよりますが、登山にはまると、ここに書いた以上にたくさんの登山道具が必要になる&欲しくなるため、登山道具がどんどん増えるのが基本です。(そして、お金が減っていきます)

登山用品をふるさと納税でお得にゲットする

ふるさと納税の返礼品として、モンベルポイントを用意している自治体があります。

モンベルというのは、日本のアウトドア用品の製造から販売までを行っているブランドで、アウトドア業界のユニクロと例えられるような、低価格高品質なブランドです。モンベルポイントは、そのモンベルで利用できるポイントで1ポイント=1円として買い物などに利用できます。

ふるさと納税でモンベルポイントをもらう事で、自己負担2,000円で登山用品が買える、という訳です。

モンベルポイントが選べる自治体は、こちらのモンベルのホームページにあります。

返礼率が抑えられた結果として、例えば、長野県小谷村の場合でも、納税額の30%くらいになってしまっていますが、それでも50,000円で15,000円相当のモンベルポイントがもらえます。(以前は50%くらいだったので、もっとお得感がありましたが)

モンベルポイントで買うべきものは?

個人的なおすすめは雨具です。納税額によってはもらえるモンベルポイントだけでは買えないので、自己負担は発生しますが、モンベルの雨具はコストパフォーマンスも良いです。

トレントフライヤー、ストームクルーザー、あたりを買っておけば良いでしょう。かなり長く使えます(念のため持っていくものなので、出番が少ないですが)

モンベルのデザインや色があまり好きではない、といった場合はヘッドライトなどにするのもいいでしょう。

まとめ

登山は非常に面白い趣味だと思っていますが、想像以上に色んな道具が必要&欲しくなり、思ったよりもお金がかかってしまう趣味だと思います。

ふるさと納税などもうまく使って、節約しながら登山道具をそろえて、行動範囲を広げていくと、登山がより面白くなっていくと思います。(景色のいい場所でのテント泊などは最高に気持ちのいいものです)

Pocket

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク