2017年1月から、専業主婦の方もiDeCo(イデコ/個人型確定拠出年金)に加入できるようになりましたが、加入すべきかそうでないか、色々なサイトを見ても意見はバラバラでした。

制度を理解する意味も含めて、専業主婦にとって必要か否か、という観点で整理してみたいと思います。

iDeCo(イデコ)とは?

個人型拠出年金の愛称がiDeCo(イデコ)です。制度の改正により2017年1月から加入できる対象者が大幅に増えており、その普及・促進の一環として、確定拠出年金普及・推進協議会が、応募された候補の中から選んでいます。(厚生労働省:個人型確定拠出年金の愛称が「iDeCo(イデコ)」に決定しました)

加入者が毎月掛け金を出し、その運用方法も加入者自身が決め、掛け金と運用による利益の合計を将来受け取る事ができる制度です。大雑把に言ってしまうと、老後のための貯蓄・資産運用のための方法の一つ、です。

専業主婦の視点で見るiDeCoのポイント

専業主婦にとってiDeCoが得かどうかを検討するためのポイントとしては、

  • 掛け金が全額所得控除
  • 運用益が非課税
  • 受け取り時に控除の対象
  • 60歳まで解約不可
  • 万が一の場合、差し押さえの対象外

があげられます。

掛け金の所得控除は収入がないと意味がない

iDeCoの掛け金は全額所得控除になりますが、課税所得がない場合は全くメリットになりません。したがって、専業主婦もしくは一定所得額以下のパートタイマーの方は、所得控除による恩恵はゼロです。夫の所得からも控除できません。

所得控除の恩恵があるのは課税所得がある人だけです。この点において、iDeCoはNISAなどと比較して圧倒的に有利になります。

例えば、年収500万円、30歳のサラリーマンがiDeCoに加入して、毎月2万円を拠出した場合、30年間で約144万円の税軽減が受けられる事になります(シミュレーションはiDeCoガイド かんたん税制優遇シミュレーションで行ったもの)。

老後のための資産運用としては最も有利なので、加入可能な場合は、積極的に検討すべきです。

運用益の非課税は大きなメリット

これはiDeCoに加入した人の誰もが受けられるメリットです。専業主婦の場合は、最も大きなメリットの一つになります。通常だと、運用益に対して約20%かかってしまう税金が一切かかりません

例えば、専業主婦の掛け金の上限である23,000円を毎月拠出し、運用利回り年率4%で30年間運用するとこんな感じになります。

iDeCoの運用シミュレーション

30年間で約750万円の運用益となり、これが非課税となるので、約150万円の税軽減が受けられる計算になります(ただし、次に説明する受け取り時に税金が発生する可能性はあり)。

受け取り時の控除はメリットでも何でもない

iDeCoの実施主体である国民年金基金連合会の「iDeCoガイド」や証券会社の特設サイトなどでは、「受け取り時も控除が受けられる」という事をポイントの一つとして記載している場合も多いのですが、これには少し注意が必要です。

これは、受け取り時には他に受け取る退職金や年金と合算した上で一定金額までは税金がかからない、と言っているだけです。

今回考える専業主婦の場合では、年金として受け取るのであれば「公的年金等控除」の枠を越えてしまうと、自分で貯めたものを受け取るだけのつもりが、税金が発生してしまう可能性がある、という事になります。拠出時のメリットがないので、このような事になってしまいます。

65歳以上であれば他の年金と合わせて年間120万円までは非課税なので、越えないケースもあるかもしれませんが、少なくともメリットでも何でもない、という点は理解が必要です。

数十年後の税制がどうなるかなんて分かりませんが、加入するのであれば、将来気をつけるべき事の一つです。現時点での税制の詳細については、国税庁の公的年金等の課税関係退職金を受け取ったとき(退職所得)を参照して下さい。

なお、課税所得がある人がiDeCoに加入した場合については、現役時の所得>受け取り年金、となるのが普通なので、基本的には、掛け金の所得控除により得する税金>年金受け取り時の税金、という関係が成立する事がほとんどなはずなので、受け取り時に課税が発生してもiDeCo加入のメリットがある、という事になります。

家計が苦しくなったからといっても解約はできない

一部の例外を除き、原則としてiDeCoの解約は60歳までできません。家計が苦しくなったからといって、拠出額を減らす事はできても、過去に拠出した分を途中で返してもらう事はできません。

確実に、老後のための貯蓄として回すためのものなので、余裕のない拠出額を設定すると急な病気など、何かあった場合に困るので注意が必要です。

自己破産してもiDeCoに拠出した分は差し押さえられない

年金の受給権については法律で守られており、拠出した分は差し押さえられない、というポイントがあります。

(受給権の譲渡等の禁止等)
第三十二条 給付を受ける権利は、譲り渡し、担保に供し、又は差し押さえることができない。ただし、老齢給付金及び死亡一時金を受ける権利を国税滞納処分(その例による処分を含む。)により差し押さえる場合は、この限りでない。
確定拠出年金法

自営業者は、銀行からの融資等において個人保証をつけて行っている事も多いので、残念ながら会社の経営が行き詰まってしまった場合、個人の資産が差し押さえの対象になってしまう事があります。

そういった場合において、iDeCoに拠出し運用した分は、その差し押さえから免れる事ができます。人によっては、iDeCoの隠れたメリットになります。

ただし、当たり前ですが、専業主婦でこのメリットが生きてくる人はかなり少ないと思います。夫が自営業で将来的なリスクを回避するためのオプションとして、というくらいのものになるでしょう。

万が一、離婚してしまった場合に守られる

離婚の際の年金分割において、個人型確定拠出年金は分割の対象外です。

離婚の可能性を心配されている方、もしくは、そのようなリスクを想定する場合は、iDeCoを使って自分の老後の資金を守る、という選択肢があります。

iDeCoかNISAか

収入がある人にとっては、所得税の控除もあるので、老後のための貯蓄を目的とするなら、断然iDeCo>NISAです。

一方で、専業主婦にとっては、iDeCoにするか、NISAにするかは悩ましいところです。NISAであれば、万が一の場合に途中解約(運用資産を売却して現金化)が自由である、というメリットもあります。

また、2018年からスタートする予定の積立NISAだと、非課税期間も20年間と長くなる予定なのですが、20年間という制約によってiDeCoとの差がどれくらい出るのか、が難しいところです。

では、iDeCoと積立NISAを比較してみましょう。先ほどと同様に、毎月23,000円を運用利回り年率4%で30年間運用する場合を考えてみます。積立NISAの場合の運用結果はこのようになります。

注: 積立NISAがスタートする前の2017年4月時点で分かっている情報での試算なので、実際の制度次第で結果が変わる可能性もあります。また、計算を簡単にする都合上、20年経ったあとは非課税枠を使わずに運用する事にしてあります。

積立NISAの運用シミュレーション

灰色の部分の運用益に税金がかかります。この場合だと、約150万円分が課税対象の運用益になるので、30年後に売却すると約30万円の税金が発生します。この約30万円が、運用益に対する課税において、iDeCoが積立NISAより上回る分になります。

ただし、前述の通り、積立NISAは他の年金や受け取り方次第で別の課税が発生し得るので、一概にiDeCoがお得とは言い切れませんが、積極的な資産運用をするのであれば、iDeCoの方がお得になりそうです。

結局、専業主婦はiDeCoに加入するべきなのか?

ここまで色々比較しましたが、正直なところ、それぞれの人の考え方にもよるので、どちらと言い切る事はできません。

ただ、投資の非課税投資枠として期待するなら、専業主婦にとっては解約等の柔軟性が高い積立NISAの方が良いと思います。非課税投資枠を使い切った場合の候補としてiDeCoを考えるのが良いのではないでしょうか。

また、運用益の非課税は運用益が大きく出ないと効果も小さいので、積極的にリターンを取りに行く運用をせず、超低利回りの元本保証型の商品で運用するのであれば、専業主婦にとっては、iDeCoのメリットは少ないです(課税所得がある人にとってはiDeCoのメリット大なので、同じような運用をする場合でも加入は検討すべきです)。

まとめると、

  • 専業主婦にとってのiDeCoのメリットは、運用益の非課税+万が一の離婚の場合くらい
  • 専業主婦が、運用益の非課税枠を使う順番としては、積立NISA→iDeCoの方が良さそう
  • 夫のiDeCoやNISAの非課税枠、ジュニアNISAなども並べた上で家計全体で使い方を決めるべきで、専業主婦のiDeCoのは優先度は低い
  • 専業主婦がiDeCoに加入するなら、他の年金、受け取り方などを考えて、受け取り時の税金を試算した方が良い
  • あまり積極的な投資を考えていないなら、専業主婦のiDeCoは様子見で良さそう

といったところでしょうか。課税所得の有無で、iDeCoの意義は相当大きく変わると言えると思います。

※全て個人的に調べた情報であり、正確性・完全性について保証するものではありません。他の情報ソース等も参照の上で、全ての判断は自己責任でお願い致します。何らかのトラブルや損失・損害等発生した場合、一切の責任を負いかねます。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

投資シミュレーションツール(β版)を公開・課税タイミングの繰り延べ効果... 配当金は受取時に税金がかかります。投資信託のメリットの一つに、配当金を非課税のまま再投資に回せることがあります。課税タイミングを繰り延べることのメリットがどれく...
圧倒的に低コストな海外ETFなら分配金を再投資しなくても投資信託よりも儲かる?... 著名な投資家であるバフェット氏は、一般の人はS&P500でも買って放置しておけばよい、とまで言っていますが、いざ日本でS&P500に投資しようと...
リバランスは必要?効果をeMAXISの過去データで検証... 複数の資産クラスのインデックスで運用していて悩ましい事の一つに、リバランスをするかどうか、があるかと思います。きちんとした理論も存在しているようですが、まずは実...
積立投資にはインデックス投信とETFのどちらを選ぶべきか... インデックス投資において、投信とETFそれぞれの違いはよく目にしますが、その違いがリターンにどこまで影響するのか?がイマイチ分からなかったので、簡単な計算をして...
つみたてNISAにすると毎月の積立予定額があふれちゃうんですが... 2018年1月から、「つみたてNISA」が始まります。現行NISAよりも、非課税期間が長くなった分、年間の投資上限額は下がっています。両方同時には活用できない事...
損失限定型の投資信託「あんしんスイッチ」の評価は?安心して買うべき商品なのか?... 損失を限定しながら安定した収益獲得を目指すという謳い文句の投資信託「SMBC・アムンディ プロテクト&スイッチファンド(愛称:あんしんスイッチ)」が人気になって...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク