投資に関する制度として、iDeCo(個人型確定拠出年金)、つみたてNISA、NISA、ジュニアNISAと色々あり、どれをどう使えばいいか?が分かりにくい状態になっています。

それぞれの細かい説明は置いておくとして、どういう考え方で、どういう優先度で使うべきか、私なりの考え方を整理してみます。

それぞれの制度のポイントと使いどころ

iDeCo(個人型確定拠出年金)

  • 老後資金の準備が目的なら最優先で使うべき。ただし、原則60歳まで引き出せないので、余裕ある範囲で
  • 運用益が非課税であること以上に、所得がある人にとっては税軽減メリットが大きい
  • 個人事業主は、万が一の事業破綻時に清算の対象外になるので、余裕あるときに拠出しておくべき
  • 所得がない主婦は、税軽減メリットなし。離婚時の資産分割の対象外になるので、離婚のリスクを考える場合のみメリットあり

関連記事
サラリーマンの節税にはiDeCo!投資がよく分からなくても始めるべき理由
専業主婦にiDeCo(個人型確定拠出年金)は必要なのか?

つみたてNISA

  • 長期の資産運用で、それなりのリターンを目指しているなら、現行NISAよりもつみたてNISA
  • iDeCoとは異なり、中途解約も可能なので、長期運用を考えつつ、万が一の場合に現金化したい範囲に有効
  • 夫婦の利用枠を最大限利用することを推奨

関連記事
つみたてNISAにすると毎月の積立予定額があふれちゃうんですが

ジュニアNISA

  • 夫婦のつみたてNISAを足し合わせても足りない場合に検討
  • 子供のための貯蓄目的でも、つみたてNISAの投資枠が余っているなら使う必要なし
  • 相続税が気になる方については、生前贈与しておき、その資産を非課税で運用する枠として利用が可能

現行NISA

  • 中期投資を目的にしている場合は、非課税枠が大きい現行NISAが有利
  • ただし、損失が出た場合にデメリットがあるので注意

投資目的別に利用すべき制度

老後向けの貯蓄

iDeCo>つみたてNISA>現行NISA>個人年金保険

  • iDeCoは原則60歳まで引き出せないので、余裕がある範囲内に収める
  • 個人年金保険は、節税メリットはわずかながら発生するが、長期に金利が固定されるものが基本になるため、デメリットが大きい

子供の教育資金準備

つみたてNISA>ジュニアNISA>学資保険

  • つみたてNISAの枠が足りないか、生前贈与を考える必要がある場合にジュニアNISAを検討で良い
  • いつでも解約できてしまう仕組みはデメリットである、と感じてしまう場合は、学資保険を検討するのも良い。ただし、ファイナンス上は長期に金利が固定される学資保険のデメリットの方が大きい

関連記事
学資保険を投資目線で評価する

まとめ

あくまで個人的な考え方、ではありますが、それぞれの制度の特徴ふまえた使いどころ、優先度を簡潔にまとめてみました。

あくまで一つの考え方、なので、これを参考にしながら、自分なりの投資戦略を考える一つのインプットになれば幸いです。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

サラリーマンの節税にはiDeCo!投資がよく分からなくても始めるべき理由... iDeCo(個人型確定拠出年金)というと、資産運用、投資といったイメージから、なかなか手を出せない人もいるかと思います。 iDeCoには、拠出額が全額所得...
学資保険を投資目線で評価する 子供が生まれるタイミングで検討する学資保険。学資保険は安全な教育資金の積立方法、というのが一般的に投資をしてない人の考え方だと思いますが、実は必ずしも安全とは言...
暴落したらどうする?落ち着いた投資判断が一番難しい... 暴落しても冷静な判断ができる自信はありますか? NISAやiDeCoを最近始めた、という方は、ここの所の相場環境が良いので、プラスの成績を維持している方が多い...
専業主婦にiDeCo(個人型確定拠出年金)は必要なのか?... 2017年1月から、専業主婦の方もiDeCo(イデコ/個人型確定拠出年金)に加入できるようになりましたが、加入すべきかそうでないか、色々なサイトを見ても意見はバ...
つみたてNISAにすると毎月の積立予定額があふれちゃうんですが... 2018年1月から、「つみたてNISA」が始まります。現行NISAよりも、非課税期間が長くなった分、年間の投資上限額は下がっています。両方同時には活用できない事...
現行NISAで全力なんだけど「つみたてNISA」が始まったらどうしたらいいの?... 現行NISAで非課税枠を、インデックス投資だけで全部使い切っている、というかなり資金力がある場合、「つみたてNISA」が始まった時にどうすればいいか?を考えてみ...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク