長期投資においては、信託報酬を始めとした運用にかかるコストをいかに低くおさえるか、によって最終的な運用成績が大きく変わってきます。

このあたりを具体的な数字で見ている事で、その重要性を改めて確認してみます。

どちらが成績が良いと思いますか?

手数料を除く平均リターン(年率)が6.0%で、毎月3万円を20年間、積立運用を行う場合、

  1. 買付手数料:3.0%、運用コスト:0.3%
  2. 買付手数料:ゼロ、運用コスト:1.5%

のどちらがお得だと思いますか?(運用コストは資産評価額に対してかかる費用の年率)

ネット経由でインデックス型の投資信託を買っている人なら、どちらも高い、となると思います。

今回は、それぞれを、

  1. 対面窓口を通じてインデックス型の投資信託で運用(手数料高い)
  2. 誰かに勧められるままに手数料の高い投資信託で運用(手数料なし)

というのを何となくイメージしています。

運用成績の比較

それぞれの運用成績を比較するとこのようになります。

序盤こそ差はあまりありませんが、20年間も続けると120万円以上の差になっています。運用コストをおさえるか、がいかに大切か、がよく分かります。

 

運用コストごとの運用成績

運用コストの違いによる運用成績の差

長期投資においては運用コストをおさえる事が肝

保有資産の評価額に対して毎年かかってくるようなコスト(信託報酬など)は、資産規模が大きくなればなるほど、時間が経てば経つほど、重くのしかかってきます。

一見すると、買付手数料の3%の方が高く見えた方もいるかもしれませんが、ワンショットでかかってくるコストは長期運用である程度取り戻せます。(もちろん、低いに越した事はありません)

それ以上に重要なのが運用コストです。例え0.1%の差であっても、長期運用では大きく響きます。投資信託選びで重視すべき、と言われるのはこのためです。

まとめ

長期投資においては、まず運用コストを低く抑える事が重要です。

最近では、インデックス型の投資信託のコストが非常に安くなってきています。そういったものをうまく活用して、運用コストを抑えた投資を行っていきましょう。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

資産配分を調整してリスクとリターンを最適化... 違う動きをする投資対象を組み合わせる事で、資産配分の調整次第では、同じリターンでもより低いリスクの運用ができる可能性があります。 投資対象ごとのリスク・リター...
複利の力 相対性理論で有名なアインシュタインが残した言葉に「人類最大の発明は複利である」というものがあります。長期の資産運用においては、この「複利」が非常に大きな力を持っ...
リスクとリターンの関係 リスクが高いほどリターンも高い 期待されるリターンが高い投資ほど、リスクも高いのが基本です。リスクが高いほど、大きな利益が得られる可能性と同時に、大きな損失を...
積立投資の基本 一定期間ごとに、コツコツと投資を積み重ねる事を積立投資といいます。まさに「継続は力なり」という諺どおりに、非常に大きな力を持っています。投資をせずとも、毎月コツ...
積立投資は株式だけで良いのか? 株式相場が好調な事もあって、全体的に強気派が多くなっているような気がします。積立投資は長期のリターンを考えれば株式(主に米国)だけで良い、という意見をたまにみま...
ドルコスト平均法による積立投資 同じ銘柄について、毎月一定の金額を積立するのか、毎月一定の数量を積立するのか、で投資結果は変わってきます。毎月一定の金額を積立投資する方法をドルコスト平均法とい...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク