違う動きをする投資対象を組み合わせる事で、資産配分の調整次第では、同じリターンでもより低いリスクの運用ができる可能性があります。

投資対象ごとのリスク・リターン

国内の株式・債券、外国の株式・債券だけで資産配分を考えてみる事にします。それぞれでリスク・リターンが異なるとともに、それぞれの資産の組み合わせごとに動く方向性が違います(相関係数)。
年金を運用しているGPIFが出している数字をベースにして、グラフにしてみるとこんな感じになります。リスク、とはこれくらいの振れ幅になる事が多い、という数値と思っておけばよいでしょう(もちろん、それ以上に変動する事もあります)。

投資対象ごとのリスク・リターン

資産配分とリスク・リターンの関係

例えば、2つのパターンのリスク・リターンを見てみます(この組み合わせが最適というわけではありません)。

  1. 国内株式と海外株式を半分ずつにしたパターン
  2. 4資産に対して均等に1/4ずつにしたパターン

資産配分とリスク・リターンの関係

国内・海外株式半分ずつのパターンでは、国内株式よりもリターンが高いのにリスクが低くなっています。全てを1/4ずつのパターンについては、株式を組み入れる事で、債券だけに投資するよりも高いリターンが期待できるが、全体としてのリスクを下げる事ができている、という事になります。
ここが重要なポイントで、違う動きをする投資対象を組み合わせる事で、資産配分の調整次第では、同じリターンでもより低いリスクの運用ができる、という事になります。点線が、同じリスクを取った場合に、最もリターンが期待できるケースになります。一つだけに投資するよりも、資産配分を工夫すれば、もっとリスク・リターンのバランスがいい運用ができるかもしれません。

自分の資産配分を考える

現実的には、それぞれの資産のリスク・リターンやそれぞれの資産間の相関として、何を使うか、で結果は変わってきます。今回は、GPIFが出している数値を使ってみましたが、これが正解という事は絶対にありません。相関は過去の一定期間のデータから作成されることが多いですが、どの期間で見るかによって計算は異なりますし、そもそも過去と未来が同じ動きになる、とは言えません。ただ、きちんとした理論に基づいて考えておけば、大きく外す、という事はないのではないか、と思っています。

おすすめのサイト

わたしのインデックスというサイトに資産配分をシミュレーションできるツールが公開されています。自分なりの資産配分を考えてみるには、とても使いやすいのでおすすめです。

リスク・リターン、相関係数ともに、今回参照した数値とは違うので結果も異なってきますが、資産配分を調整することで、リスク・リターンのバランスがどうなるかがとても分かりやすいと思います。

今回参照した数値データの詳細

投資対象ごとのリターン・リスク
対象 リターン リスク
国内株式 4.8% 22.48%
国内債券 3.0% 6.50%
外国株式 5.0% 22.48%
外国債券 3.2% 12.90%

 

相関係数
国内株式 国内債券 外国株式 外国債券
国内株式 1 0.199 0.494 -0.063
国内債券 1 0.001 -0.025
外国株式 1 0.577
外国債券 1

出典: GPIF 平成25年6月 中期計画(基本ポートフォリオ)の変更

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

リバランスは必要?効果をeMAXISの過去データで検証... 複数の資産クラスのインデックスで運用していて悩ましい事の一つに、リバランスをするかどうか、があるかと思います。きちんとした理論も存在しているようですが、まずは実...
積立投資の買付日は何日にするのがよいのか?(先進国株式編)... 前回は、国内株式を積立投資する場合に、毎月何日に買付するように設定するのが最もリターンが良くなるのか?をシミュレーションしました。今回は、先進国株式だとどうなる...
積立投資の基本 一定期間ごとに、コツコツと投資を積み重ねる事を積立投資といいます。まさに「継続は力なり」という諺どおりに、非常に大きな力を持っています。投資をせずとも、毎月コツ...
つみたてNISAで何を買う? つみたてNISAで何を買うのが良いのか?正解は絶対にないのですが、自分自身が悩んだ投資方針を選択肢に入れた商品とともに紹介します。 株式一本で行く?株式一本で行...
複利の力 相対性理論で有名なアインシュタインが残した言葉に「人類最大の発明は複利である」というものがあります。長期の資産運用においては、この「複利」が非常に大きな力を持っ...
投資信託とETFの違い。配当金の課税を繰り延べる効果... 同じインデックスに連動する場合、ETFと投資信託ではどちらがお得なのか、を簡単に計算してみました。 多くのインデックス型の投資信託のメリットの一つとして、...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク