つみたてNISAで何を買うのが良いのか?正解は絶対にないのですが、自分自身が悩んだ投資方針を選択肢に入れた商品とともに紹介します。

株式一本で行く?

株式一本で行くかどうか、がまずは悩みどころです。

長期投資なら、過去の実績をふまえた理論上では、株式一本がお得な可能性が高くなります。

運用益が非課税となる効果も大きくなるので、期待リターンの高い資産クラスをつみたてNISAで、というのは理にかなっています。

一方、当然ながらリスクは高くなります。

個人的には、つみたてNISA以外で、変動が少ない資産を持つ予定がないのであれば、株式一本はあまりオススメしません。

バランス型で分散投資

株式以外も投資対象にしてリスクは抑えつつ、株式一本より劣るものの、そこそこのリターンを狙いたい。

そのような場合は、eMAXIS Slim バランス 8資産均等型、ニッセイ インデックスバランス 4資産均等型、あたりがオススメです。

つみたてNISAはリバランスがしにくいので、自動でリバランスしてくれるバランス型の投資信託は非常に有効です。

どの商品を選ぶかは、どの程度のリスクが取れるか?で考えれば良いでしょう。

株式一本で行くなら

株式一本で行くなら、今後20年くらいの長期を見据えたときに、この先の世界経済をどう読むか、次第です。

米国が引き続き世界経済のNo.1

世界経済は右肩上がりを続け、世界経済の成長の果実は、米国企業が最も享受する事になる。

米国企業は既に全世界から利益を稼ぎ出しており、米国企業に投資する事は、そのまま全世界に分散投資するのに等しい。

という考えがしっくり来る場合は、iFree S&P 500、楽天 全米株式、あたりが良いでしょう。

米国だけが世界じゃない!

世界経済全体の成長は信じている。

その中心はおそらく米国だけど、今後何があるかも分からないので、他の国にも分散しておきたい。

という考えの場合は、eMAXIS Slim 先進国株式、楽天 全世界株式、あたりがおすすめです。

先進国だけを対象にするか、新興国も含めるか、で選択肢が変わってきます。

いずれも、実は多くが米国株式への投資になる事には注意が必要です。

結局、何を選んだのか?

色々書きましたが、私自身は楽天 全世界株式でつみたてNISAをはじめてみることにしました。

つみたてNISA以外でも投資はするし、リスクはそちらでコントロール。

新興国も投資対象に加えて、長期での高いリターンを期待。といった考え方です。

何を選ぶべきかは、当たり前ですが、それぞれが置かれている状況によって変わります。

正解はありませんし、全ては自己責任でお願いします。

大切なのはリスク管理

最近は相場全体がアゲアゲなので、リスクを軽視している方も多いように見受けられます。

リスクを取りすぎた場合、何かしらのショックが来た時の下落っぷりは、精神衛生上よくありませんよ。

会社に何かがあり、収入がなくなった場合は妄想しておきましょう。

そんな状況下で、資産が大きく目減りするんですよ?耐えられますか?

つみたてNISAでコツコツ運用してきた分を安値で売却せざるを得ない、なんて事になりませんか?

非課税枠を目一杯使う事にとらわれ過ぎず、取れるリスクを取れる範囲で取る。これが、長期では一番強い投資方針だと思います。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

投資信託とETFの違い。配当金の課税を繰り延べる効果... 同じインデックスに連動する場合、ETFと投資信託ではどちらがお得なのか、を簡単に計算してみました。 多くのインデックス型の投資信託のメリットの一つとして、...
リバランスは必要?効果をeMAXISの過去データで検証... 複数の資産クラスのインデックスで運用していて悩ましい事の一つに、リバランスをするかどうか、があるかと思います。きちんとした理論も存在しているようですが、まずは実...
GPIFの運用状況から学ぶ。長期運用では短期的な結果に一喜一憂しない事も重要... 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の2016年度の運用実績が公表されました。GPIFの投資スタイルは長期投資を考えた場合に、非常に参考になります。 状...
損失限定型の投資信託「あんしんスイッチ」の評価は?安心して買うべき商品なのか?... 損失を限定しながら安定した収益獲得を目指すという謳い文句の投資信託「SMBC・アムンディ プロテクト&スイッチファンド(愛称:あんしんスイッチ)」が人気になって...
つみたてNISAにすると毎月の積立予定額があふれちゃうんですが... 2018年1月から、「つみたてNISA」が始まります。現行NISAよりも、非課税期間が長くなった分、年間の投資上限額は下がっています。両方同時には活用できない事...
資産配分を調整してリスクとリターンを最適化... 違う動きをする投資対象を組み合わせる事で、資産配分の調整次第では、同じリターンでもより低いリスクの運用ができる可能性があります。 投資対象ごとのリスク・リター...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク