一定期間ごとに、コツコツと投資を積み重ねる事を積立投資といいます。まさに「継続は力なり」という諺どおりに、非常に大きな力を持っています。投資をせずとも、毎月コツコツと貯金を続けるだけでも、意外と大きな金額になりますが、それに投資を加えるとさらに大きな金額が得られる可能性があります。

積立投資をすると将来どうなるか

毎月1万円を積み当てた場合をシミュレーションしてみます。何も運用しなければ、もちろん毎年12万円貯まるだけです。それを年利5%で運用できたとしたら、どうなるかを簡単に計算してみました。

10年間で約34万円、20年間で約165万円、40年間では約1500万円もの利益が得られる事になります。40年では元本が約3倍にまでなっています。

積立投資のシミュレーション(毎月1万円、年利5%)

厳密には、税金などを考慮しなければならないため、この利益が丸ごと手に入るわけではありませんが、積立×複利が長期的に大きな力を発揮することがよく分かると思います。

実際の積立運用は難しい

先ほどのシミュレーションでは、毎年必ず5%の利回りで運用できる事が前提となっていました。これを実現しようとするのは、実はそう簡単な事ではありません。5%のリターンを求めようとしたら、それなりのリスクを取る必要があります。リスクを取る、という事は、もしかしたらマイナスになる可能性もある、という事になります。実際には、目指すリターンと取れるリスクを両方考えながら、投資を考えていく必要があります。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

つみたてNISAにすると毎月の積立予定額があふれちゃうんですが... 2018年1月から、「つみたてNISA」が始まります。現行NISAよりも、非課税期間が長くなった分、年間の投資上限額は下がっています。両方同時には活用できない事...
積立投資の買付日は何日にするのがよいのか?(国内株式編)... 積立投資をはじめるにあたって、毎月何日に買付するように設定するか、は少しだけ迷いどころです。正直なところ、自分の給料日などをふまえて適当にすればよいだろう、と思...
投資信託とETFの違い。配当金の課税を繰り延べる効果... 同じインデックスに連動する場合、ETFと投資信託ではどちらがお得なのか、を簡単に計算してみました。 多くのインデックス型の投資信託のメリットの一つとして、...
リスクとリターンの関係 リスクが高いほどリターンも高い 期待されるリターンが高い投資ほど、リスクも高いのが基本です。リスクが高いほど、大きな利益が得られる可能性と同時に、大きな損失を...
暴落したらどうする?落ち着いた投資判断が一番難しい... 暴落しても冷静な判断ができる自信はありますか? NISAやiDeCoを最近始めた、という方は、ここの所の相場環境が良いので、プラスの成績を維持している方が多い...
信託報酬が低い投信が設定されたらどう乗り換えるべき?投信乗り換えシミュレーションツール(β版)を公開... 毎月積立している投信よりも信託報酬が低い投信(同じインデックスに連動)が設定されたらどうしますか?利益が出ている場合は、何も考えずに売却してしまうと、売却益課税...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク