積立投資をはじめるにあたって、毎月何日に買付するように設定するか、は少しだけ迷いどころです。正直なところ、自分の給料日などをふまえて適当にすればよいだろう、と思っていますが、日付によって差があるのか検証してみました。

シミュレーションの条件

積立投資の対象

TOPIXに連動するeMAXIS TOPIXインデックスの基準価額を利用してシミュレーションを行います。

信託報酬がより安いファンドが出ているので、これ自体を買うことはないと思いますが、設定からあまり経ってないファンドだと検証にならないのでこちらを選んでいます。

積立買付日の設定

毎月1~27日もしくは月末日を積立を行う日付にして、毎月一定額の積み立てを行う場合を想定します。

基本的に、設定した日付が祝・祭日の場合は、翌営業日に買付するものとします。月末日については、それぞれの月の最後の営業日に購入するものとしています。

投資対象の基準価額推移

今回は、2010年1月から2017年3月までの期間でシミュレーションを行ってみます。どの日に買い付けても同じなので、信託報酬をはじめとした手数料は今回は考慮しません。

eMAXIS TOPIXインデックスの基準価額推移

積立設定日ごとのパフォーマンス比較

2010年1月から2017年3月まで

2010年1月から2017年3月まで、毎月コツコツと積み立てた結果を2017年3月末の基準価額におけるパフォーマンスを比較しました。あまり差がないかと思ってましたが、月の後半はパフォーマンスが悪いですね。1ポイント近い差がついています。

ただし、この結果は、対象としている期間による影響が大きい可能性があります。というのも、2013年以降は上昇相場となっているため、月の後半に買う方が不利になりやすいからです。

積立設定日ごとのパフォーマンス比較(2010年1月~2017年3月)

2010年1月から2012年12月末

そこで次に、上昇相場に入るくらいまでとなる、2010年1月から2012年12月末で確認してみます。2012年12月末の基準価額におけるパフォーマンスで比較しています。

やはり、先ほどと異なって、月の前半が有利とはなりません。どの買付日が有利かは、その期間の相場環境による影響が大きいですね。

積立設定日ごとのパフォーマンス比較(2010年1月~2012年12月)

結局、積立日はいつに設定するのが良いのか?

TOPIXの一部期間しか試していないので、これが結論、とは全く言い切れませんが、どのような相場状況でもTOPIXは月の中頃の買付が比較的パフォーマンスが良い傾向にあるようです。

反対に、月末はあまり良いパフォーマンスが出ないようです。お化粧買いなどの影響でもっと釣り上がるイメージがあったのですが、その真逆でした。

この結果を受けて、全ての銘柄の買付日を月の中頃にすべきか、というと答えはNOだと思っています。複数の銘柄に分散投資する場合は、買付のタイミングをずらす事もリスク分散につながります。

今回の結果は、日付によって差は出るが対象期間の相場環境による、と理解した上で、自分の給料振込日などを考慮して自由に積立設定はすれば良いかと思います。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

サラリーマンの節税にはiDeCo!投資がよく分からなくても始めるべき理由... iDeCo(個人型確定拠出年金)というと、資産運用、投資といったイメージから、なかなか手を出せない人もいるかと思います。 iDeCoには、拠出額が全額所得...
S&P500の積立投資にETFはもう必要ない!?iFree S&P500インデックスが登場... S&P500に連動する低コストな投資信託が登場します。大和証券から、8/31付で信託報酬0.225%(税抜)の投資信託が設定されました。 有価証券...
積立投資の買付日は何日にするのがよいのか?(先進国株式編)... 前回は、国内株式を積立投資する場合に、毎月何日に買付するように設定するのが最もリターンが良くなるのか?をシミュレーションしました。今回は、先進国株式だとどうなる...
THEOの配当金 運用実績Vol.3 THEOの運用実績と配当金についての報告です。2017年8月に開始して依頼、毎月積み立てしてはいるものの、基本的には放置しているだけなので、どんな状況になってい...
GPIFの運用状況から学ぶ。長期運用では短期的な結果に一喜一憂しない事も重要... 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の2016年度の運用実績が公表されました。GPIFの投資スタイルは長期投資を考えた場合に、非常に参考になります。 状...
資産配分を調整してリスクとリターンを最適化... 違う動きをする投資対象を組み合わせる事で、資産配分の調整次第では、同じリターンでもより低いリスクの運用ができる可能性があります。 投資対象ごとのリスク・リター...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク