積立投資をはじめたばかりのタイミングは、なかなか利益率が上がらなくて不安になると思います。実は、それは当たり前なんです。

どんなに利回りの良い投資ができたとしても、積立投資を開始してからしばらくは、利益率はあまり上がらないもの。それを、簡単な条件で見てみたいと思います。

積立開始から1年間の運用成績

あらかじめ断っておきますが、毎月の利回りが一定なんて事は実際にはあり得ません。順調に右肩上がりが続いたとしてもこんなもの、というサンプルとして見てください。

  • 初期投資額はゼロ
  • 毎月10,000円を月初に積み立て
  • 利回り5%/年(約0.41%/月)

という条件で、まずは1年後にどうなっているか見てみましょう。

積立開始から最初の12ヶ月の利益率の推移

年間利回り5%だとしても、1年の積立の結果は約2.7%くらいの利益率になっています。

このようになるのは、実は当たり前で、最初の頃の投資分は5%の利益になっていますが、最近の投資分はほとんど利益が出ていない、という積み重ねのためです。

12ヶ月経った時点での投資タイミングごとの利益率を並べるとこのようになります。積立投資は、これらを平均した結果なので、最初のうちはどうしても利益率が上がりません。

積立投資時期ごとの利益率

20年間続けた運用成績

12ヶ月という短い期間で見るのと、20年間で見ると景色は一変します。

 

年間利回り5%で毎月積立投資した場合の利回り推移

毎月コツコツ20年間続け、年間利回り5%で運用できたとすると、20年後には利益率は約70%にまでなります。毎月1万円の積立の場合、元本240万円が400万円以上になる計算です。まさに継続は力なり、です。

積立投資をはじめてしばらくは、利益率が上がりにくい、という事は頭に留めておくと良いと思います。

まとめ

積立投資したばかりの人にとって、自分のポートフォリオの利回りが急に上がらないのは、当たり前です。

実際の運用では、上がったり下がったり、を繰り返すものなので、今回の計算のように順調にいくケースはまずあり得ませんが、毎月コツコツが長期で報われるのを信じて(祈って)継続してみましょう。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

投資信託とETFの違い。配当金の課税を繰り延べる効果... 同じインデックスに連動する場合、ETFと投資信託ではどちらがお得なのか、を簡単に計算してみました。 多くのインデックス型の投資信託のメリットの一つとして、...
インデックス投資のススメ 投資のプロでもなく、かけられる時間も限られているサラリーマンには、インデックス投資が最もやりやすく理にかなっている、と思っています。 手数料の安いイン...
投資による利益の種類 投資による利益は、大きく分けて、キャピタルゲインとインカムゲイン。まずはそれぞれの基本を知ることが重要です。投資先によって、得られる利益のタイプは異なってきます...
圧倒的に低コストな海外ETFなら分配金を再投資しなくても投資信託よりも儲かる?... 著名な投資家であるバフェット氏は、一般の人はS&P500でも買って放置しておけばよい、とまで言っていますが、いざ日本でS&P500に投資しようと...
リレー投資は本当に必要か?(米国株式インデックス・課税口座編)... S&P500に連動する投資信託を積立してから、毎年度末に米国ETFにリレーする、というパターンで、リレー投資がどれだけの効果があるのか?本当に必要なのか...
学資保険を投資目線で評価する 子供が生まれるタイミングで検討する学資保険。学資保険は安全な教育資金の積立方法、というのが一般的に投資をしてない人の考え方だと思いますが、実は必ずしも安全とは言...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク