積立投資を行うにあたって、目標とする利回り、は重要な要素の一つです。毎月一定額を積み立てて運用する場合、毎年の運用利回りがそれぞれ1%~5%になると、どのような結果になるかをシミュレーションしてみました。

積立における利回りの威力

運用利回りと積立期間を変えて、最終的な運用利回りを計算したのがこちらのグラフになります。

短い期間での差はあまり大きくありませんが、長期間になるほど、驚くほど大きな差になっている事が分かると思います。40年間、毎月1万円を積み立てた場合、1%の利回りで運用した場合は約100万円の利益ですが、5%の利回りで運用した場合は、約1000万円の利益になります。

積立投資における運用利回りの影響

税金と手数料

長期の運用では、少しの利回りの差が結果に大きく影響します。したがって、運用において発生する税金や手数料をいかにおさえて複利の効果を最大限にするかが重要になってきます。

保険や年金の利回り

貯蓄型の保険などでは、20年もしくは30年後にはおいくら増えて返ってくる、といった宣伝文句があると思います。しかし、30年後に15%増えると言っている商品は、実は年換算の利回りにすると1%未満、という事になります。保険は、資産形成以外にも万が一の備えである、節税になる場合がある、という側面もあるので、賢い選択となる場合もあります。いずれにしても、商品の特性や仕組みをきちんと理解した上で契約するようにしましょう。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

暴落は思ったよりも頻発する?相場の理論と現実... 暴落時の下落をどう考えておけばいいのか?について、金融の素人が本・ネットの情報とほぼ忘れかけている過去の数学の知識を思い出しながら分析をしてみたいと思います。 ...
積立投資は気長に。はじめのうちは結果が出なくても気にしない!... 積立投資をはじめたばかりのタイミングは、なかなか利益率が上がらなくて不安になると思います。実は、それは当たり前なんです。 どんなに利回りの良い投資ができた...
圧倒的に低コストな海外ETFなら分配金を再投資しなくても投資信託よりも儲かる?... 著名な投資家であるバフェット氏は、一般の人はS&P500でも買って放置しておけばよい、とまで言っていますが、いざ日本でS&P500に投資しようと...
リレー投資は本当に必要か?(米国株式インデックス・課税口座編)... S&P500に連動する投資信託を積立してから、毎年度末に米国ETFにリレーする、というパターンで、リレー投資がどれだけの効果があるのか?本当に必要なのか...
現行NISAで全力なんだけど「つみたてNISA」が始まったらどうしたらいいの?... 現行NISAで非課税枠を、インデックス投資だけで全部使い切っている、というかなり資金力がある場合、「つみたてNISA」が始まった時にどうすればいいか?を考えてみ...
THEOの配当金 運用実績Vol.3 THEOの運用実績と配当金についての報告です。2017年8月に開始して依頼、毎月積み立てしてはいるものの、基本的には放置しているだけなので、どんな状況になってい...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク