積立投資を行うにあたって、目標とする利回り、は重要な要素の一つです。毎月一定額を積み立てて運用する場合、毎年の運用利回りがそれぞれ1%~5%になると、どのような結果になるかをシミュレーションしてみました。

積立における利回りの威力

運用利回りと積立期間を変えて、最終的な運用利回りを計算したのがこちらのグラフになります。

短い期間での差はあまり大きくありませんが、長期間になるほど、驚くほど大きな差になっている事が分かると思います。40年間、毎月1万円を積み立てた場合、1%の利回りで運用した場合は約100万円の利益ですが、5%の利回りで運用した場合は、約1000万円の利益になります。

積立投資における運用利回りの影響

税金と手数料

長期の運用では、少しの利回りの差が結果に大きく影響します。したがって、運用において発生する税金や手数料をいかにおさえて複利の効果を最大限にするかが重要になってきます。

保険や年金の利回り

貯蓄型の保険などでは、20年もしくは30年後にはおいくら増えて返ってくる、といった宣伝文句があると思います。しかし、30年後に15%増えると言っている商品は、実は年換算の利回りにすると1%未満、という事になります。保険は、資産形成以外にも万が一の備えである、節税になる場合がある、という側面もあるので、賢い選択となる場合もあります。いずれにしても、商品の特性や仕組みをきちんと理解した上で契約するようにしましょう。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

リスクとリターンはバランスが重要。リスクがリターンを蝕む... 期待リターンがいくら高くても、それに対するリスクが高すぎると、長期の運用ではマイナスになる可能性も高くなります。 株価が対数正規分布に従う、と仮定するモデ...
投資信託とETFの違い。配当金の課税を繰り延べる効果... 同じインデックスに連動する場合、ETFと投資信託ではどちらがお得なのか、を簡単に計算してみました。 多くのインデックス型の投資信託のメリットの一つとして、...
投資シミュレーションツール(β版)を公開・課税タイミングの繰り延べ効果... 配当金は受取時に税金がかかります。投資信託のメリットの一つに、配当金を非課税のまま再投資に回せることがあります。課税タイミングを繰り延べることのメリットがどれく...
資産配分を調整してリスクとリターンを最適化... 違う動きをする投資対象を組み合わせる事で、資産配分の調整次第では、同じリターンでもより低いリスクの運用ができる可能性があります。 投資対象ごとのリスク・リター...
積立投資にはインデックス投信とETFのどちらを選ぶべきか... インデックス投資において、投信とETFそれぞれの違いはよく目にしますが、その違いがリターンにどこまで影響するのか?がイマイチ分からなかったので、簡単な計算をして...
インデックスファンドの選び方 投資信託で運用をするため、投資対象とする商品を選ぼうとすると、その数の多さにビックリします。インデックス投資の場合は、投資対象とその配分を決める事がほぼ全て、な...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク