リスクが高いほどリターンも高い

期待されるリターンが高い投資ほど、リスクも高いのが基本です。リスクが高いほど、大きな利益が得られる可能性と同時に、大きな損失を被るリスクを抱えている事になります。

リスクとリターンの関係のイメージ

リスクとは

ここで言う「リスク」とは、期待されるリターンに対するブレの大きさ、不確実性の事をいいます。例えば、以下のようなリスクがあります。

  • 価格変動リスク
  • 為替リスク
  • 金利リスク
  • 信用リスク
  • 流動性リスク
  • インフレリスク

リスクはゼロにできるのか

これは、基本的には無理です。

預金が一番安全?

預金は確かにローリスク(ローリターン)ですが、リスクゼロではありません。銀行の破綻、インフレによる実質的な資産の目減り、などのリスクを実は抱えています。現時点で、他と比べて安全な可能性が高い、とは言えるかもしれません(銀行の破綻の場合、一定額までは確実に保証されています)。
ただし、ゼロに近い金利のままで眠らせておくのはもったいない、とも言えます。資産を眠らせている事で利益を逸しており、「持たざるリスク」を抱えている事にもなります。

金が安全資産ってどういう事?

金はインフレや危機などに強い(そういった時に価格が上昇する)という性質があります。何かあった時に安全な資産、ではありますが、価格変動のリスクを抱えている資産になります。安全性とリスクは別物です。

リスクは避けるものではなく管理するもの

リスクはゼロにできませんが、ある程度は管理ができるものになります。例えば「株式投資はリスクがあって怖い」という気もするかもしれませんが、その投資にどれだけのリスクがあるかを把握した上で、許容されるリスクの範囲内で投資をする、というのが必要です。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

積立投資と利回りの関係 積立投資を行うにあたって、目標とする利回り、は重要な要素の一つです。毎月一定額を積み立てて運用する場合、毎年の運用利回りがそれぞれ1%~5%になると、どのような...
ドルコスト平均法による積立投資 同じ銘柄について、毎月一定の金額を積立するのか、毎月一定の数量を積立するのか、で投資結果は変わってきます。毎月一定の金額を積立投資する方法をドルコスト平均法とい...
資産配分を調整してリスクとリターンを最適化... 違う動きをする投資対象を組み合わせる事で、資産配分の調整次第では、同じリターンでもより低いリスクの運用ができる可能性があります。 投資対象ごとのリスク・リター...
分散投資の基本 投資の基本の一つに「分散投資」という考え方があります。投資におけるリスクを分散しておくことで、万が一の時にも安心、という考え方です。リスク分散の仕方にも色々とあ...
長期投資は運用コストをいかに低くおさえるかが重要... 長期投資においては、信託報酬を始めとした運用にかかるコストをいかに低くおさえるか、によって最終的な運用成績が大きく変わってきます。 このあたりを具体的な数...
インデックスファンドの選び方 投資信託で運用をするため、投資対象とする商品を選ぼうとすると、その数の多さにビックリします。インデックス投資の場合は、投資対象とその配分を決める事がほぼ全て、な...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク