投資信託で運用をするため、投資対象とする商品を選ぼうとすると、その数の多さにビックリします。インデックス投資の場合は、投資対象とその配分を決める事がほぼ全て、なので、ここを自分なりに深く考える事が最も重要です。

投資対象となる資産・国を決める

インデックス型のファンドをざっくりと分けると、対象資産×投資対象国、の組み合わせになります。バランス型のファンドなどでは、これらをさらに組み合わせたファンドもあります。その他には、金などを投資対象に入れて、経済危機などのリスクに対して備える、という事もできます。

安定を求めるなら債券を多めにし、積極的にリスクを取ってより高いリターンを狙うなら株式を多めにする、というのが最も一般的な方法です。あとは、リスクは高いがリターンも高いREITや新興国を組み合わせてみたり、外貨の比率を考えてみたりしながら、資産配分を決めていきます。

株式 債券 REIT
国内 国内株式 国内債券 国内REIT
先進国 先進国株式 先進国債券 先進国REIT
新興国 新興国株式 新興国債券 新興国REIT

指標を選ぶ

国内株式でも、例えば、日経平均に連動するもの、TOPIXに連動するもの、などさらに種類が別れます。日経平均は、東証一部の中でも主要な225社の株価で構成された指標です。主要企業の方が、東証一部の平均よりも伸びるのでは?と考える場合は、日経平均に連動するものを選べば良いと思います。個人的には、日経平均は一部の企業の影響度が強くなってしまっており、投資対象にする指標として歪んでいると思っているので、TOPIXに連動するものを選んでいます。

先進国でも、日本以外の先進国全体に投資するか、米国株式に投資するか、米国株式ならどの指標(ダウ、S&P500)にするか、など選択肢がさらにたくさんあります。

  • 先進国全体にまんべんなく投資する事が分散投資になる

という考えで先進国全体に投資するという考え方もありますし、

  • 米国の企業は、世界中でビジネスをしているから、米国に投資するのは世界全体に投資するのと同じだ
  • 先進国全体で見た場合に、米国以上のパフォーマンスになる国はないだろう

という考えで米国株式を選ぶ事もできます。ダウかS&P500か、は日経平均かTOPIXか、と似ています。

定額積立ができて手数料が安いものを選ぶ

投資スタイルによりますが、定額積立をするのであれば、できないものもあるので、そういったものは除外する必要があります(インデックス型の投資信託は定額積立ができるものがほとんど)。

そして、重要なのが、やはり手数料です。ベンチマークが同じファンドなら、基本的により手数料が安いものを選ぶ方が良いです。信託報酬、信託財産留保額、といったコストを比較した上で直近の運用結果等を確認する、というのが良いでしょう。ベンチマークに連動する成績を目指しているにもかかわらず、ベンチマークよりもファンドの成績が低くなっている、という場合もあったため、注意は必要です。

各社のインデックスファンドごとのコストについては、モーニングスターのサイトにある比較表が便利です。

モーニングスター 各社インデックスファンドシリーズ信託報酬比較

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

積立投資と利回りの関係 積立投資を行うにあたって、目標とする利回り、は重要な要素の一つです。毎月一定額を積み立てて運用する場合、毎年の運用利回りがそれぞれ1%~5%になると、どのような...
積立投資は株式だけで良いのか? 株式相場が好調な事もあって、全体的に強気派が多くなっているような気がします。積立投資は長期のリターンを考えれば株式(主に米国)だけで良い、という意見をたまにみま...
資産配分を調整してリスクとリターンを最適化... 違う動きをする投資対象を組み合わせる事で、資産配分の調整次第では、同じリターンでもより低いリスクの運用ができる可能性があります。 投資対象ごとのリスク・リター...
積立投資の基本 一定期間ごとに、コツコツと投資を積み重ねる事を積立投資といいます。まさに「継続は力なり」という諺どおりに、非常に大きな力を持っています。投資をせずとも、毎月コツ...
リスクとリターンはバランスが重要。リスクがリターンを蝕む... 期待リターンがいくら高くても、それに対するリスクが高すぎると、長期の運用ではマイナスになる可能性も高くなります。 株価が対数正規分布に従う、と仮定するモデ...
ドルコスト平均法による積立投資 同じ銘柄について、毎月一定の金額を積立するのか、毎月一定の数量を積立するのか、で投資結果は変わってきます。毎月一定の金額を積立投資する方法をドルコスト平均法とい...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク