投資による利益は、大きく分けて、キャピタルゲインとインカムゲイン。まずはそれぞれの基本を知ることが重要です。投資先によって、得られる利益のタイプは異なってきます。まずは、投資に関する基礎知識として、この二つを覚えておきましょう。

投資による利益とは

投資によって得られる利益は、大きく分けて、

  • キャピタルゲイン
  • インカムゲイン

の2つがあります。

キャピタルゲインとは

資産そのものの価値の上昇によって得られる収益の事をキャピタルゲインと言います。その逆に、価値の下落による損失をキャピタルロスとも言います。株式投資なら「値上がり益/損」がそれにあたります。

投資先次第では、何倍、何十倍、もしくはそれ以上に価値が上昇する可能性も秘めています。そういった投資先を見つけられる「目利き」が出来る人であれば大きな利益を手にする事ができます。例えば、ソフトバンク(孫正義社長)がアリババに行った20億円の出資は、数千倍という価値(数兆円の利益)を生み出しました。

しかし、普通の人は、そんな「いい投資先」を見つけて当てる事は至難の技です。頑張って掘り出し物を見つけるだけが投資ではないという事も覚えておきましょう。もし、そんな「いい投資先」を教えてくれる人がいたら、疑ってかかった方が良いかもしれません。そんないい話が本当にあったら、自分だけがこっそりやるのが普通です。

インカムゲインとは

資産そのものから継続的に得られる収益の事をインカムゲインと言います。株式投資なら「配当」、債券なら「金利」、不動産なら「賃料収入」がそれにあたります。ちなみに、よく「安全資産」と言われる金投資は、このインカムゲインがない投資先になります。

いわゆる、お金がお金を産んでいる状態なので、長期的に安定かつ大きなインカムゲインが得られればとても良い投資です。ただ、世の中そんなに美味い話はないと思ったほうが良いですね。例えば、家賃収入を目当てにローンを組んでアパート投資しても、家賃相場の下落、空室など様々なリスクがある中で、長期間安定した収益を確保する、というのは簡単な事ではありません

「リスクなしで安定した大きな収入がある投資先があるけどいかが?」などと紹介されたら、まずは一度疑ってかかった方が良いと思います。その話に乗っかる事がリスクです。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

資産配分を調整してリスクとリターンを最適化... 違う動きをする投資対象を組み合わせる事で、資産配分の調整次第では、同じリターンでもより低いリスクの運用ができる可能性があります。 投資対象ごとのリスク・リター...
ドルコスト平均法による積立投資 同じ銘柄について、毎月一定の金額を積立するのか、毎月一定の数量を積立するのか、で投資結果は変わってきます。毎月一定の金額を積立投資する方法をドルコスト平均法とい...
積立投資は気長に。はじめのうちは結果が出なくても気にしない!... 積立投資をはじめたばかりのタイミングは、なかなか利益率が上がらなくて不安になると思います。実は、それは当たり前なんです。 どんなに利回りの良い投資ができた...
積立投資と利回りの関係 積立投資を行うにあたって、目標とする利回り、は重要な要素の一つです。毎月一定額を積み立てて運用する場合、毎年の運用利回りがそれぞれ1%~5%になると、どのような...
複利の力 相対性理論で有名なアインシュタインが残した言葉に「人類最大の発明は複利である」というものがあります。長期の資産運用においては、この「複利」が非常に大きな力を持っ...
積立投資の基本 一定期間ごとに、コツコツと投資を積み重ねる事を積立投資といいます。まさに「継続は力なり」という諺どおりに、非常に大きな力を持っています。投資をせずとも、毎月コツ...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク