投資による利益は、大きく分けて、キャピタルゲインとインカムゲイン。まずはそれぞれの基本を知ることが重要です。投資先によって、得られる利益のタイプは異なってきます。まずは、投資に関する基礎知識として、この二つを覚えておきましょう。

投資による利益とは

投資によって得られる利益は、大きく分けて、

  • キャピタルゲイン
  • インカムゲイン

の2つがあります。

キャピタルゲインとは

資産そのものの価値の上昇によって得られる収益の事をキャピタルゲインと言います。その逆に、価値の下落による損失をキャピタルロスとも言います。株式投資なら「値上がり益/損」がそれにあたります。

投資先次第では、何倍、何十倍、もしくはそれ以上に価値が上昇する可能性も秘めています。そういった投資先を見つけられる「目利き」が出来る人であれば大きな利益を手にする事ができます。例えば、ソフトバンク(孫正義社長)がアリババに行った20億円の出資は、数千倍という価値(数兆円の利益)を生み出しました。

しかし、普通の人は、そんな「いい投資先」を見つけて当てる事は至難の技です。頑張って掘り出し物を見つけるだけが投資ではないという事も覚えておきましょう。もし、そんな「いい投資先」を教えてくれる人がいたら、疑ってかかった方が良いかもしれません。そんないい話が本当にあったら、自分だけがこっそりやるのが普通です。

インカムゲインとは

資産そのものから継続的に得られる収益の事をインカムゲインと言います。株式投資なら「配当」、債券なら「金利」、不動産なら「賃料収入」がそれにあたります。ちなみに、よく「安全資産」と言われる金投資は、このインカムゲインがない投資先になります。

いわゆる、お金がお金を産んでいる状態なので、長期的に安定かつ大きなインカムゲインが得られればとても良い投資です。ただ、世の中そんなに美味い話はないと思ったほうが良いですね。例えば、家賃収入を目当てにローンを組んでアパート投資しても、家賃相場の下落、空室など様々なリスクがある中で、長期間安定した収益を確保する、というのは簡単な事ではありません

「リスクなしで安定した大きな収入がある投資先があるけどいかが?」などと紹介されたら、まずは一度疑ってかかった方が良いと思います。その話に乗っかる事がリスクです。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

平均リターンとは?算術平均と幾何平均 平均リターンの「平均」には異なる計算方法がある事はご存知ですか? 「平均」と言われたら、思いつく計算の仕方は普通は一つだと思いますが、実は、算術平均と幾何...
リスクとリターンの関係 リスクが高いほどリターンも高い 期待されるリターンが高い投資ほど、リスクも高いのが基本です。リスクが高いほど、大きな利益が得られる可能性と同時に、大きな損失を...
ドルコスト平均法による積立投資 同じ銘柄について、毎月一定の金額を積立するのか、毎月一定の数量を積立するのか、で投資結果は変わってきます。毎月一定の金額を積立投資する方法をドルコスト平均法とい...
インデックスファンドの選び方 投資信託で運用をするため、投資対象とする商品を選ぼうとすると、その数の多さにビックリします。インデックス投資の場合は、投資対象とその配分を決める事がほぼ全て、な...
積立投資は株式だけで良いのか? 株式相場が好調な事もあって、全体的に強気派が多くなっているような気がします。積立投資は長期のリターンを考えれば株式(主に米国)だけで良い、という意見をたまにみま...
積立投資は気長に。はじめのうちは結果が出なくても気にしない!... 積立投資をはじめたばかりのタイミングは、なかなか利益率が上がらなくて不安になると思います。実は、それは当たり前なんです。 どんなに利回りの良い投資ができた...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク