WealthNaviの2018年1月時点での運用実績です。昨年の2月に30万円から開始して毎月積み立てを続けた結果です。

少し過ぎてしまいましたが、だいたいこれが2017年の成績という事になります。

トータルリターン

このように、円建て・ドル建てともに二桁のプラスです。

はじめた段階ではそろそろピークも近いかも、と下落も覚悟していましたが、予想に反して大幅にプラスです。

先が読めないから積立を継続する、が吉と出ました。

ポートフォリオ詳細

ポートフォリオの詳細はこのようになっています。

株式クラスの上昇に大きく引っ張られた結果なのがよく分かります。

2017年のWealthNaviは非常に好調でした。

ただし、これはWealthNaviだから良かったのではなく、株式市場全体が良かったに過ぎません。

WealthNaviを始めるべきか

結論から言うと、ちゃんと自分でポートフォリオ組める方はインデックス型の投資信託を組み合わせて、積立投資をするのが良いと思います。

低コストな投資信託の組み合わせで似たようなポートフォリオは組めます。

WealthNaviの手数料は、それらと比較すると高くついてしまいますので、パフォーマンスの面では不利になります。

WealthNaviのアドバンテージは、あまり深く考えずに個々人に適したポートフォリオが組めて、リバランスなど全て自動でやってくれるので、ほったらかせば良い、というところでしょう。

どこかの窓口で、手数料の高い商品買わされるくらいなら、ロボットに任せた方が何倍も良いでしょう。

そういった観点では、WealthNaviは投資初心者には向いていますね。

今後も続けるべきか?

私の場合、ロジカルに考えれば、積立を停止しても良さそうなのですが、物好きなのと面倒くさがりなので、続けるつもりです。

最近、何かと忙しい状況が続いているのですが、放置しておいても安心、というのはWealthNaviの大きなメリットだいうのも感じています。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

ロボアドバイザーTHEOもはじめてみた(運用実績 Vol.1)... ロボアドバイザーのTHEOがSBI証券と業務提携し、THEO+ SBI証券をサービス開始しました。それをきっかけに運用中のWealthNaviに加えて、THEO...
ロボアドバイザーTHEOの運用ポートフォリオ (運用実績 Vol.2)... 2017年8月から運用を開始しているTHEO+ SBI証券の運用実績の報告ととともに、ロボアドバイザーTHEOがどのようなポートフォリオ、取り扱い銘柄で運用をし...
ロボアドバイザー WealthNavi(ウェルスナビ)で運用してみた(運用実績 Vol.1)... 最近はやりのロボットが自動で資産運用してくれるサービス、WealthNavi(ウェルスナビ)での積立運用を開始してみました。 ロボアドバイザー WealthN...
WealthNaviの手数料は高い?どういう人におすすめなの?(運用実績 Vol.4)... ロボアドバイザー WealthNavi(ウェルスナビ)の手数料は、3千万円以下は1%(消費税別)の手数料が毎年かかってきます。しかも、資産の時価評価額に対してか...
WealthNavi ロボアドバイザーによる自動リバランス(運用実績 Vol.8)... WealthNaviで運用をはじめて約半年で、初の自動リバランスが行われました。どのような取引をして、リバランスの結果としてポートフォリオがどのようになったのか...
WealthNaviは、いつ円がドルになって、どう資産評価されているのか?(運用実績 Vol.3)... ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)は、基本的にドル建ての運用となるので、評価額や損益はドル・円の両方で見られるようになっています。でも、キャッ...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク