最近はやりのロボットが自動で資産運用してくれるサービス、WealthNavi(ウェルスナビ)での積立運用を開始してみました。

ロボアドバイザー WealthNavi(ウェルスナビ)とは

国際分散投資を、全自動でおまかせ。
WealthNaviは世界水準の金融アルゴリズムを提供する、投資経験者に選ばれているロボアドバイザーです。
公式サイトウェルスナビ

という、最近はやりのロボットが自動で資産運用してくれるサービスです。

手数料は3千万円まで1.0%。積立投資もでき、分配金の再投資や資産構成のリバランスなどもロボットが全て自動で行ってくれる、というものになります。

WealthNavi for SBI証券であれば、30万円から運用ができます。

ポートフォリオの決定

最初に1分くらいで終わる6つの質問に答えると、リスク許容度を判定してくれます。リスク許容度によって、オススメの資産配分の比率が変わり、それを自動的に運用してくれるようです。
診断結果はこんな感じでした。リスク許容度は4/5です。

推奨ポートフォリオ from WealthNavi
資産クラス 金額 割合
米国株(VTI) 10.5万円 35.0%
日欧株(VEA) 8.0万円 26.6%
新興国株(VWO) 2.6万円 8.5%
米国債券(AGG) 4.5万円 14.9%
金(GLD) 3.0万円 10.0%
不動産(IYR) 1.5万円 5.0%

 

基本的には全てドル建てで、NYSEのETFに分散投資をしているようです。このポートフォリオを自分で買えばいいのではないか?と一瞬考えそうになりますが、そこはちゃんと「よくある質問」にも記載があり、

Q. シミュレーション結果をそのまま他の証券会社で取引してよいのでしょうか?
A. もちろん他社でお取引いただくことも可能ですが、WealthNaviをご利用いただくことで、推奨ポートフォリオを簡単な操作で一括購入することができるだけでなく、日々の資産価格の変動により最適なものから乖離してしまったポートフォリオの構成割合を、最適なものに戻すための売買を自動で行う機能(自動リバランス機能)などもご利用いただけます。
さらに今後も様々な機能を追加・改良してゆく予定ですので、ぜひWealthNaviをご利用ください。
参考ウェルスナビ FAQ

という事のようです。
確かに、この構成を維持しながら、自分で積立運用して、分配金を再投資する、という事をしようとすると、売買手数料がかなりかさみそうです。初期を最低額の30万円に設定しているせいもありますが、初期分だけで手数料が3,000円/年くらいかかります。

初回の購入(2017年2月)

最低額の30万円を入金すると、推奨ポートフォリオをふまえた自動的に購入が行われます。目標とする資産配分に近くなるように、それぞれの銘柄が購入されており、残額は7,883円となりました。単価の安い銘柄ならもう少しだけ買う余力はありますが、どちらかというと資産のバランスを重視した買付になっています。

初回購入(購入日:2017年2月7日、受渡日:2017年2月13日、レート:$1=¥112.24)
資産クラス 口数 単価 金額(円) 購入比率
米国株(VTI) 8口 $118.29 ¥106,215 36.4%
日欧株(VEA) 18口 $37.88 ¥76,530 26.2%
新興国株(VWO) 6口 $38.06 ¥25,632 8.8%
米国債券(AGG) 4口 $108.43 ¥48,681 16.7%
金(GLD) 2口 $117.52 ¥26,381 9.0%
不動産(IYR) 1口 $77.31 ¥8,678 3.0%
合計 ¥292,117 100.0%

 

資産運用の状況(2017年3月末)

手数料の支払い

3/1に初めての手数料の支払いがありました。127円でした。まずは1か月未満なので、日割り計算されています。これから、資産額に応じて毎月発生します。

インデックス投資である、という事を考えると年1%の手数料は高い方、と考えた方がよいでしょう。どちらかというと、投資初心者で資産配分や運用そのものに自信がない人向け、と言えるかもしれません。

分配金

分配金も随時入金されています。最初は、

  • 3/8 米国債券(AGG) 73円

でした。国内で課税されるので、国内源泉徴収後の金額です。その後、3月末までに、

  • 3/29 新興国株(VWO) 34円
  • 3/31 米国株(VTI) 344円
  • 3/31 日欧株(VEA) 214円
  • 3/31 不動産(IYR) 60円

が入金されています。

分配金は、毎月分配が予定されているものと、3ヶ月ごとの分配が予定されているものに分かれており、

  • 毎月:米国債券(AGG)、米国物価連動国債(TIP)
  • 3ヶ月ごと(3月、6月、9月、12月):米国株(VTI)、新興国株(VWO)、日欧株(VEA)、不動産(IYR)

という予定になっています。

積立入金

毎月1万円を積み立てるように指定をしてあります。3/9が初の入金タイミングでした。入金後に、どんな買付をするのかな、と期待して待っていたのですが、何も起きず。

ちゃんと説明を読むと、ポートフォリオの現金部分が2万円以上(目安)にならないと、買付は実施されないようです。

3月末までの運用成績

今のところ、円建て/ドル建てのいずれでもプラスの運用成績を維持しています。始めたばかりなので、まだまだこれからです。

3月末時点の資産評価額(レート$1=111.32)
評価額 損益(金額) 損益(率)
¥315,651 +¥2,610 +0.83%
$2,835.55 +$72.32 +2.62%

 

全体資産に占める外貨建て比率を上げたかったのと、手数料は少し気になるがロボットアドバイザーというものが面白そうなので試してみたい!という好奇心から始めてみました。

手数料は気になりますが、しばらくは続けながら、運用実績を都度ご紹介できれば、と考えています。

Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

WealthNaviのポートフォリオ診断とリスク許容度(運用実績 Vol.7)... ウェルスナビの運用実績を公開するとともに、今回はWealthNaviが提案してくれるポートフォリオについて詳しく説明します。 簡単な質問に答えられるだけで...
WealthNaviは、いつ円がドルになって、どう資産評価されているのか?(運用実績 Vol.3)... ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)は、基本的にドル建ての運用となるので、評価額や損益はドル・円の両方で見られるようになっています。でも、キャッ...
ロボアドバイザーTHEOもはじめてみた(運用実績 Vol.1)... ロボアドバイザーのTHEOがSBI証券と業務提携し、THEO+ SBI証券をサービス開始しました。それをきっかけに運用中のWealthNaviに加えて、THEO...
WealthNavi 初めての追加購入(運用実績 Vol.2) ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)で運用を開始して約2か月。現金の残高が2万円くらいになると、ロボットが自動で追加購入をしてくれるのですが、毎...
THEOの配当金 運用実績Vol.3 THEOの運用実績と配当金についての報告です。2017年8月に開始して依頼、毎月積み立てしてはいるものの、基本的には放置しているだけなので、どんな状況になってい...
WealthNaviはどう続けるべき?運用成績は好調だが少し退屈(運用実績 Vol.5)... WealthNaviを始めて約4ヶ月が経過しました。今のところ運用成績は好調です。直近の実績を確認するとともに、4ヶ月間WealthNaviをやってみた所感を簡...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク