WealthNaviを始めて約4ヶ月が経過しました。今のところ運用成績は好調です。直近の実績を確認するとともに、4ヶ月間WealthNaviをやってみた所感を簡単に紹介したいと思います。

運用成績

資産評価額

WealthNaviの現時点での資産評価額はこのような感じです。これまで、35万円を入金しています。直近の好調な相場環境のおかげで、円建て・ドル建てともに好調です。

資産評価額(6/10時点 $1=¥110.68)

ポートフォリオ

円建てのポートフォリオ及び各資産の評価損益はこんな感じです。やはり株式が好調で、特に日欧株(VEA)が好調です。

ポートフォリオ(円建て)

分配金・手数料

この他に分配金も毎月のように入っている一方、年率1%(消費税別)の手数料も毎月支払いが発生しています。

  • 受取分配金の合計(税引後):946円
  • 支払手数料の合計:1,012円

現状では受取分配金と手数料がほぼトントンです。

米国債券(AGG)に毎月分配金が発生するため、分配金が発生しない月はありません。手数料は、毎月月初に支払いが発生しています。

WealthNaviは退屈だが投信積立よりは楽しいかも

インデックス投資はやはり退屈

インデックス投資のデメリットに近い特徴の一つに「退屈である」という事が挙げられます。何にいくら投資をするかを決めたらあとは放置するだけ、が基本なので、そこから先はあまりやる事がありませんし、何もしない事も重要な事の一つだからです。

WealthNaviもロボットアドバイザーとうたっているとはいえ、インデックス投資の一種でしかないので、その投資行動は基本的にルール通りに行われています。淡々とバランスを維持しながら買付を継続するのみ、です。

インデックス投資は忍耐が必要で退屈なもの、と思って始めないと、飽きてしまう気がします。

ロボットが動いている感じも全くしないので、私のように「ロボット投資」という言葉に惹かれて始めた方にとっては退屈極まりないかもしれませんのでご注意ください。

毎月分配金があるのは投信積立よりも楽しいかも

インデックス連動型の投資信託を積立運用すると、分配金をファンドの中で自動的に再投資に回しているので、全くその動きが分かりません。

一方で、WealthNaviは、ETFによる運用になっており、分配金の受け取りが発生します。毎月、何かしらの受け取りがあるので、評価額の変動以外にちょっとした変動がある、というのが投信積立によるインデックス投資よりは楽しいポイントです。

  • 何も動きがないのはつまらないのでETFで運用したい
  • でも、自分でETFで運用するのは面倒
  • 1%というインデックス投資にしては高めの手数料を払ってでも、自動でETF投資をやりたい

という珍しい感覚をお持ちの方には楽しいかもしれません。

大幅な下落局面が今後のカギ

このサービスの性質上、WealthNaviは投資初心者が比較的多いと思います。ほとんどの場合がプラスの運用成績になっており、このサービスに現時点では不満はあまりないと思います。

ただ、この先も投資を継続するのであれば、どこかで必ず大きな下落局面を迎えるはずです。その時に、WealthNavi自体が長期運用を前提にしたインデックス投資である、という点を理解しておかないと、判断を誤る可能性があります。

WealthNaviに投資資産を任せていれば、ルール通りの売買を行う、という事がされるはずです。しかし、投資に不慣れな人の場合、マイナスが広がる局面ではすぐに売却・出金という行動に動きやすいのではないか?と想像されます。

WealthNaviはどちらかというと投資初心者に向いたサービスです。しかし、下落局面でどうするかを事前にきちんと考えておかないと、狼狽売りによって無駄な損を発生する可能性もあります。

次の下落局面において、我慢するのが正解なのか・不正解なのか、は誰にも分からない事ですが、どういう投資スタイルでWealthNaviが投資を行っているか、は理解しておいた方が、今後の判断の一助になるかもしれません。

WealthNaviはどう続けるべき?

WealthNaviの手数料はまだ割高だとは思いますが、投資を始めてポートフォリオ理論などを勉強するきっかけとしては悪くないと思っています。

ところどころで、褒めたり・けなしたり、という書き方をしていますが、投資初心者には相変わらずオススメです。

WealthNaviはロボットが「自動」で運用してくれる、というサービスではありますが、投資についてちょっと勉強してみるきっかけにできると、今後の資産運用にとってのプラスになると思います。

WealthNaviをはじめてみる

Wealthnavi(ウェルスナビ)をはじめてみたい場合は、こちらのリンクまたは↓バナーから。


6つの質問に答えるだけで、あなたに最適なポートフォリオを提案してくれます。(最短1分)

ウェルスナビを始めたい人だけではなく、インデックス投資を始めようとしている方にとっても、ポートフォリオの参考として診断を試すだけでも面白いと思います。


Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

WealthNaviの手数料と分配金(運用実績 Vol.6) 2017年2月からはじめているWealthNaviの2017年6月末時点の運用実績です。実績だけを紹介してもつまらないので、仕組みの一部も含めて詳細をチェックし...
ロボアドバイザー WealthNavi(ウェルスナビ)で運用してみた(運用実績 Vol.1)... 最近はやりのロボットが自動で資産運用してくれるサービス、WealthNavi(ウェルスナビ)での積立運用を開始してみました。 ロボアドバイザー WealthN...
WealthNaviの確定申告・外国税額控除(運用実績 Vol.9)... 今回はWealthNaviの確定申告と外国税額控除についてです。WealthNaviは特定口座の場合でも、確定申告をした方が良い場合もあるのでその辺りを中心に解...
暴落したらどうする?落ち着いた投資判断が一番難しい... 暴落しても冷静な判断ができる自信はありますか? NISAやiDeCoを最近始めた、という方は、ここの所の相場環境が良いので、プラスの成績を維持している方が多い...
WealthNavi 初めての追加購入(運用実績 Vol.2) ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)で運用を開始して約2か月。現金の残高が2万円くらいになると、ロボットが自動で追加購入をしてくれるのですが、毎...
ロボアドバイザーTHEOもはじめてみた(運用実績 Vol.1)... ロボアドバイザーのTHEOがSBI証券と業務提携し、THEO+ SBI証券をサービス開始しました。それをきっかけに運用中のWealthNaviに加えて、THEO...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク