2017年2月からはじめているWealthNaviの2017年6月末時点の運用実績です。実績だけを紹介してもつまらないので、仕組みの一部も含めて詳細をチェックします。今回は、手数料と分配金について、少しだけ詳しく説明します。

運用実績

相場環境が好調なので、こちらのポートフォリオも好調です。2017年2月からの開始ですが、円建て・ドル建てともに4%超のリターンとなっています。(リスク許容度は4)

運用成績(2017/7/3時点)

資産クラス別のパフォーマンス(円建て)

キャッシュフローの詳細

四半期末の6末に分配金が多く入金されています。手数料負担は大きいもののトータルでの成績は良好です。

分配金は円建てで入金されて、次の買付タイミングを待つ事になっています。現金残高が約2万円を超えないと、追加買付が行われないので、かなりの運用資産がないと分配金による入金だけでは追加買付が行われる事はありません。

なお、こちらの詳細に記載している評価損益と、WealthNaviの画面キャプチャに差異があるのは、譲渡益課税などの考慮の有無によるものかと思われます。(どう計算しても合わないので諦めました)

WealthNaviの実績詳細(2017/7/3まで $1=¥112.36)

手数料の支払いタイミング

今回、6月末の実績と言いながら、7/3時点の実績を紹介しています。なぜ、月末日にしていないかというと、WealthNaviの手数料の支払日が月初だから、です。

WealthNaviの手数料は、預かり資産が3千万円以下の場合、評価額に対して1%(年率、消費税別)がかかるのですが、手数料は日々計算された上で月初にまとめて支払う、という形になっています。

例えば、7/3付の手数料の支払額は319円でした。だいたい、現時点の評価額の1.08%の12分の1が手数料として発生しています。(実際には日々計算)

分配金の入金予定

各ETFの分配金のスケジュールはこのようになっています。AGGに毎月分配金があるので、毎月ちょっとは動きがある、というスケジュールです。

リスク許容度によっては米国物価連動国債(TIP)がポートフォリオに含まれるのですが、これも毎月分配があります。また、金(GLD)は分配金はありません。

2017年6月末の分配金は税引後の合計で1,554円(約0.4%)でした。自動的に次の買付タイミングで再投資に回りますが、基本的に放置するしかないロボアドバイザーにおいて、ちょっとした動きがあるのは少し楽しいです。

分配金の予定
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
米国株(VTI)
日欧株(VEA)
新興国株(VWO)
米国債券(AGG)
不動産(IYR)

まとめ

気がついたら、当サイトの検索流入のトップが「WealthNavi 手数料 高い」になってしまっていました。しかも検索ランキングでまあまあ上位です。何か、ごめんなさい。

確かに、自分でポートフォリオを決められて、確実にインデックス投資ができる人にとってはWealthNaviの手数料1%は間違いなく高いです。

個人的には、ロボット投資というワードにひかれた&今後に期待している、というのもあって、様子見ついでに続けています。

1%の手数料は、運用コストとしては高いですが、一部はお遊びのコストと割り切ってます。投資中級者以上にはこの手のロボアドバイザーは不要でしょう。

繰り返し書いている気がしますが、WealthNaviはどう投資を始めたらいいかわからない初心者だが国際分散投資に興味ある、という人などにはおすすめできます。

WealthNaviの運用手法をネタに投資の勉強する、のはありだと思いますし、WealthNaviで勉強しながら自分で運用する方法にスイッチしていく、というのもアリでしょう。(もしくは、手数料が下がっていくのをじっと祈る)

ただし、初心者としてはじめた場合も、将来くるであろう暴落だけは想定したうえで、投資に振り向ける資産の割合は決めましょう。いきなり全力はオススメしません。

かなり好調な相場環境が続いていますが、これがいつまでも続く事はありえませんので。

WealthNaviをはじめてみる

Wealthnavi(ウェルスナビ)をはじめてみたい場合は、こちらのリンクまたは↓バナーから。


6つの質問に答えるだけで、あなたに最適なポートフォリオを提案してくれます。(最短1分)

ウェルスナビを始めたい人だけではなく、インデックス投資を始めようとしている方にとっても、ポートフォリオの参考として診断を試すだけでも面白いと思います。


Pocket

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

WealthNaviの手数料は高い?どういう人におすすめなの?(運用実績 Vol.4)... ロボアドバイザー WealthNavi(ウェルスナビ)の手数料は、3千万円以下は1%(消費税別)の手数料が毎年かかってきます。しかも、資産の時価評価額に対してか...
WealthNaviの確定申告・外国税額控除(運用実績 Vol.9)... 今回はWealthNaviの確定申告と外国税額控除についてです。WealthNaviは特定口座の場合でも、確定申告をした方が良い場合もあるのでその辺りを中心に解...
WealthNavi for SBI証券がMoneyForwardと連携 WealthNavi for SBI証券がようやくマネーフォワードに対応しました。マネーフォワードで資産管理をしている方にとって、これでWealthNavi f...
WealthNaviは、いつ円がドルになって、どう資産評価されているのか?(運用実績 Vol.3)... ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)は、基本的にドル建ての運用となるので、評価額や損益はドル・円の両方で見られるようになっています。でも、キャッ...
WealthNaviのポートフォリオ診断とリスク許容度(運用実績 Vol.7)... ウェルスナビの運用実績を公開するとともに、今回はWealthNaviが提案してくれるポートフォリオについて詳しく説明します。 簡単な質問に答えられるだけで...
ロボアドバイザー WealthNavi(ウェルスナビ)で運用してみた(運用実績 Vol.1)... 最近はやりのロボットが自動で資産運用してくれるサービス、WealthNavi(ウェルスナビ)での積立運用を開始してみました。 ロボアドバイザー WealthN...

ブログランキング参加中(クリックお願いします)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

スポンサーリンク